教えて!weddingドレスの種類

誰もが関心を持っているウェディングドレス

結婚することが決まったならば、挙式に向けて準備を始めましょう。まずは、さまざまなブライダルフェアに参加することが大切です。女性にとって最も関心が高いウェディングドレスを見比べることができます。
キリスト教式の場合、純白のウェディングドレスは正式な衣装になります。ベールは長く、ブーケを持つのが一般的なスタイルです。また、自分の体型に合わせてウェディングドレスを選ぶのは、とても重要なポイントです。背が低くて華奢な体型ならば、裾がふんわり広がったプリンセスタイプがおすすめです。長身でスレンダーならば、マーメイドタイプがぴったりです。さらに、ヘアアクセサリーとして、造花やティアラが挙げられています。ドレスとのコーディネートを配慮しながら選びましょう。



自分の個性を発揮できるカラードレス

結婚式では、お色直しとしてカラードレスを身につけます。ウェディングドレスは純白と決まっていますが、カラードレスは好みのカラーを選ぶことができます。そのために、自分の個性を発揮できるドレスとして、とても人気があります。
まずは、髪や肌の色、顔立ちに合わせてカラーを選択するようにしましょう。ピンクを帯びた肌の色ならば、明るい色合いのカラードレスがぴったりです。また、大人っぽい顔立ちならば、濃いブルーなどシックな色合いがおすすめです。尚、新郎新婦が並んで立った時に、コーディネートのバランスを配慮することが重要です。ブライダルフェアには二人で参加して、できるだけ多くの衣装を着てチェックすることが大事です。

結婚準備を進めていくならば、なるべく早めがおすすめです。どんな結婚式を挙げたいのかイメージしながら式場などを探しましょう。